各競艇場が建設された年は?25ヶ所目を作るならどこに作る?

本日のオススメ無料予想

boatONE(ボートワン)

実績ある老舗の予想サイト!
毎日2レース分の無料予想を提供
今なら10,000ポイントをプレゼント!!

無料で優良情報ゲット!!

現在、日本全国に競艇場は24ヶ所あります。

それなりに建物が古いところもあり、「この競艇場って、いつ建てられたのだろう?」とか、「そもそも新しい競艇場って作られないの?」などの疑問を感じたことはありませんでしょうか!?

この記事では、現在の競艇場が作られた時期、新しい競艇場が作られにくいワケと、もし新しく作るなら場所はどこがいいか?などについて書いていきます!

イッカー先生
イッカー先生

競艇ファンなら、もし自分の住むすぐ近くに競艇場ができたらなあ・・・などと考えますよね!!

今の競艇場が作られた時期

そもそも、今の24ヶ所の競艇場って、いつ作られたんでしょうか。一覧にしてみると、下の通りです。

桐生競艇場1956年(昭和31年)
戸田競艇場1954年(昭和29年)
江戸川競艇場1955年(昭和30年)
平和島競艇場1954年(昭和29年)
多摩川競艇場1954年(昭和29年)
浜名湖競艇場1953年(昭和28年)
蒲郡競艇場1955年(昭和30年)
常滑競艇場1953年(昭和28年)
津競艇場1952年(昭和27年)
三国競艇場1953年(昭和28年)
びわこ競艇場1952年(昭和27年)
住之江競艇場1956年(昭和31年)
尼崎競艇場1952年(昭和27年)
鳴門競艇場1953年(昭和28年)
丸亀競艇場1952年(昭和27年)
児島競艇場1952年(昭和27年)
宮島競艇場1954年(昭和29年)
徳山競艇場1953年(昭和28年)
下関競艇場1954年(昭和29年)
若松競艇場1952年(昭和27年)
芦屋競艇場1952年(昭和27年)
福岡競艇場1953年(昭和28年)
唐津競艇場1953年(昭和28年)
大村競艇場1952年(昭和27年)

一番古いのは大村競艇場で、1952年(昭和27年)の開場です。競艇が初開催された場所であり、競艇発祥の地として知られていますが、初開催は試験的なものだったようで、公認第一号は津競艇場、第二号がびわこ競艇場と言われています。

一方、最も新しいのは桐生競艇場ですが、それでも1956年(昭和31年)です。

つまり、現在の競艇場は、完成してからすでに70年近くが経過しているわけですね!

最新技術を駆使して、超近代的な競艇場を新しく作ってもいいんじゃないか!?と思われる方も多いんじゃないかと思います。

新しい競艇場が作られにくいワケ

では、なぜ新しい競艇場が作られないのでしょうか。

まず、競艇場の設置には、モーターボート競走法という法律の第4条に「国土交通大臣の許可を受けなければならない」と定められており、手続きがとても大変なようです。

また、競艇場は大きな施設であり、ものすごく建設費がかかるうえ、維持費もかさむので、集客の見通しを含めて収支を慎重に計画しなければいけません。

さらに、公営競技という性質上、周囲の景観との調和や、地元住民の理解などは必須になります。競艇の場合、エンジン音がしますので、騒音問題にも気を配らなければいけませんね!

ちなみに競艇選手は日本に約1,600人ほどしかおらず、1,600人÷24ヶ所=1ヶ所あたり67人程度ですが、1ヶ所増えると1,600人÷25ヶ所=1ヶ所あたり64人になるため、選手を増やす必要もあるかもしれませんね。

新しく競艇場が建設される!となるとワクワクしますが、そう簡単ではないことが分かりますね。

もし新しく作るなら場所はどこがいいか?

とはいえ、競艇ファンが、もし新しく競艇場を作るなら場所はどこがいいかを妄想するのは自由です!

まず、今の日本全国24ヶ所の競艇場の配置は、このようになっています。

(引用:BOAT RACE 尼崎公式サイト)

そこで、当サイトの独断と偏見で、3つの候補地をピックアップしてみました!

沖縄

まず、一つ目として挙げたいのは沖縄です。

沖縄には競艇場がなく、沖縄在住の競艇ファンが競艇場に行くには、本土まで来る必要があります。

そのため、まず競艇場を増やすなら沖縄に作ってはどうかと思いますよね!

沖縄は、コロナさえなければ外国人の観光人気が高く、また米軍基地に勤務する方々の需要も見込まれるでしょうから、それなりに繁盛するような気がします(ちなみに競艇は、日本と韓国にしかないギャンブルです)。

イメージですが、沖縄は水系の娯楽と相性が良さそうです。

明るい太陽のもと、常夏の競艇場でレースをみながら、オリオンビールを飲むのとか楽しそうですね!名物グルメにも事欠かなさそうです。

ただ、台風シーズンには、中止になるレースが多いかもしれませんね。

北海道

沖縄と同様、北海道にも競艇場がないので、こちらも有力候補だと思います。

しかし、国内最北の競艇場は群馬県の桐生であることからも分かる通り、あまりに北だと冬は水面が凍ってしまい、レースができなくなる問題があります。

とはいえ、夏の野外観戦は相当快適でしょうし、北海道に競艇場があれば、旅打ちがてら北海道に旅行するかという人も増えそうですけどね。

水面が凍る問題を解決するには、ドーム型の競艇場にすることも考えられると思います。

ただし、かなりのコストがかかるうえ、風の影響などが完全になくなるため、読みやすい競艇場になってしまうかもしれませんね(それはそれで面白いかもしれませんが・・・)。

岐阜

沖縄と北海道は、割とありがちな感じで考えられると思いますが、3つ目の候補としては、岐阜県、しかも中津川エリアを挙げたいと思います!

現在、2027年を目標に、リニア新幹線の建設が進められています。

リニア新幹線は、品川を出発し、神奈川県相模原市、山梨県甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市を通って、名古屋に到達する予定です。

このリニア新幹線の停車駅近くに競艇場を作れば、かなりの人気を呼ぶのではないでしょうか

名古屋までの停車駅のなかで、一番建設に適してそうなのが中津川市です。

中津川市は岐阜ですが、長野県との県境に近く、中部地方の需要をもれなく取り込むことができるのではないかと思います。

また、木曽川・中津川などの大きな川がありますので、水源にも困りませんよね!

山がちな地域ですが、新たな観光客を呼び込むことができ、地方活性化にすごく有効なのではないでしょうか!?

まとめ

この記事では、今の競艇場が作られた時期、新しい競艇場が作られにくいワケと、もし新しく作るなら場所はどこがいいか、などについて書かせて頂きました。

現在、日本では、カジノを含む統合型リゾート(IR)の設置計画が進んでいますが、検討している地域は大阪府・大阪市と、長崎県のみです(和歌山県は2022年4月に計画案を否決)。

カジノの横に近代的な競艇場を作ればいいんじゃないのかとも思いますが、大阪も長崎も、もう立派な競艇場がありますよね。そのため、上で書いたような候補になりました。

いつか、新しい競艇場が作られますというニュースが出てくるよう、ファンとしては、競艇界をしっかり盛り上げていきたいですね!

(番外編)競艇マニアの中の人が、競艇予想サイトを実践!

大穴狙いがセオリー

競艇は、6隻の順番を当てるわけですから、競馬や競輪に比べると当たる確率は高くなります。さらに、1コースの勝率の高さ、インが強い競艇場などを考慮に入れると、さらに勝率は上がります。

しかし、当たりやすいインコース中心では、大きくは稼げません

選手の調子や競艇場への慣れ、モーターやボートの調子、天候や水面の状況など、様々な要素が重なり荒れるレースが出てきます。

そこを突いて、荒れやすいレースで大穴を狙っていくのが、競艇の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

競艇予想サイトで予想を仕入れる

ただ、むやみに大穴狙いをしても上手くいかないのは、何度か舟券を買ってみると分かります。そこで利用したいのが、一般に「競艇予想サイト」と呼ばれる予想サービスです。

競艇予想サイトでは、その日のレースの勝敗が決定する要因を解析して、大穴が出るレースを洗い出してくれます。

自分で知識を仕入れ、場数を踏み、自分なりの勝ちパターンを確立することも大切ですが、競艇予想サイトを活用してみるのも、効率的に稼ぐ一つの方法です。

競艇予想サイトの予想結果

今回、評判のいい競艇予想サイトを実際に使ってみて、実績結果を掲載します。

無料情報で回収率490%!「boatONE(ボートワン)」

日付プラン名料金舟券代結果
6月10日無料05,00064,750
6月11日無料05,000不的中
6月12日無料05,000不的中
6月13日無料05,000不的中
6月14日無料05,00057,800

回収金額122,550円÷投資金額25,000円(舟券代)=回収率490

boatONE(ボートワン)は老舗のサイトですが、無料予想でも安定感のある実績が出ています!

全国別に予想を選ぶことができ、無料予想は毎日2レース提供されます。登録に手間はかかりませんので、初めて予想サイトを利用する方にはおすすめです。

boatONE(ボートワン)公式サイト:https://boatone.net/

無料情報で回収率424%!「リーダーシップ」

日付プラン名料金舟券代結果
5月11日無料010,000不的中
5月12日無料010,000172,550
5月13日無料010,000不的中
5月14日無料010,00039,200
5月15日無料010,000不的中

回収金額211,750円÷投資金額50,000円(舟券代)=回収率424

リーダーシップの名前の通り、「指示された通りに舟券を購入するだけ」とのことで、登録して試してみましたが、これだけの回収率を記録することができました。

新規会員登録で2万円分のポイントがもらえるのも、他サイトよりお得感がありますね!

リーダーシップ公式サイト:https://boat-leadership.com/

無料情報で回収率411%!「競艇TRIBE」

日付プラン名料金舟券代結果
4月23日無料010,00096,750
4月24日無料010,000不的中
4月25日無料010,00067,600
4月26日無料05,000不的中
4月27日無料05,000不的中

回収金額164,350円÷投資金額40,000円(舟券代)=回収率411

「TRIBE」は「部族」とか「仲間」といった意味ですが、競艇歴20年以上・毎年300%以上回収の予想師と、元競艇選手により運営されているサイトです。

ページも非常に見やすく、「本日の重点攻略レース」が分かりやすく表示されています。

LINEで手軽に登録できるうえ、10,000円分の新規登録キャンペーンも実施中であり、初めて予想サイトを利用する方にはおすすめです!

競艇TRIBE公式サイト:https://boatrace-tribe.com/

無料情報で回収率379%!「競艇バーニング」

日付プラン名料金舟券代結果
5月2日無料05,000不的中
5月3日無料05,00060,200
5月4日無料05,000不的中
5月5日無料05,000不的中
5月6日無料05,00034,600

回収金額94,800円÷投資金額25,000円(舟券代)=回収率379

的中率が80%を超える予想師と専属契約しているという競艇バーニング。一般では取得できない情報を集め、統計学やAI、そして自らの経験をもとに、精密な分析を出しているとのことです。

LINEで簡単に登録できて、今なら「1万円分のポイント」「ポイント返還保証プラン」などの特典があります。

競艇バーニング公式サイト:https://burning-boat.net/

有料プランで回収率418%!「競艇ゴクラク」

日付プラン名料金舟券代結果
5月9日ナイターゴクラク10,00015,000132,000
5月10日ナイターゴクラク10,00010,000不的中
5月11日ナイターゴクラク10,00020,000164,000
5月12日ナイターゴクラク10,00010,000205,000
5月13日ナイターゴクラク10,00015,000不的中

回収金額501,000円÷投資金額120,000円(舟券代+有料プラン)=回収率418

「LINEで全てを完結させる」点を重視しており、サイトへのログインなども必要ない競艇ゴクラク。

非常に利用しやすく、初回特典として1万円分のポイント、またログインでポイントがもらえるのも嬉しいです!

競艇ゴクラク公式ページ:https://b-gokuraku.com/

競艇予想サイトおすすめランキング
boatONE

キャンペーン実施中!10,000ポイントが贈呈。

全国地域別に予想を選ぶことができ、無料予想は毎日2レース提供!!

リーダーシップ

競艇初心者を徹底サポート、LINE登録ですぐに無料予想が手に入る!

初回登録で、なんと2万円分のポイントゲット!!

競艇TRIBE

競艇歴20年以上・毎年300%以上回収の予想師と、元競艇選手が運営!

LINEで手軽に登録できるうえ、10,000円分の新規登録キャンペーンも実施中

初めて予想サイトを利用する方におすすめ!

競艇バーニング

的中率が80%を超える予想師と専属契約!

LINEで簡単に登録できて、
「1万円分のポイント」「ポイント返還保証プラン」などの特典!!

競艇ゴクラク

LINEで全てが完結、非常に使いやすい予想サイト!

毎日のログインボーナスもあり!

競艇場
競艇マニア!