競艇の配当金|配当率の仕組みや平均&最高額を紹介します

男性教師の解説01

競艇の配当金の仕組みや平均配当額、そして最高額を紹介します。

競艇には様々な舟券の種類(勝式)がありますが、そもそもの配当率の仕組みがよくわからない方は意外に多いです。

また、2連単や3連単といった舟券の平均配当額や、過去最高額が気になる方も多いと思うので、それらを一覧化してみました。

配当金とは?

まず、配当金というのは払戻金のことです。

具体的な例を持ち出しながら考えてみましょう。

号艇 売れた舟券
1号艇 ¥5,000
2号艇 ¥3,000
3号艇 ¥1,000
4号艇 ¥500
5号艇 ¥400
6号艇 ¥100

この場合、売れた舟券の総額は10,000円となりますよね?

ここから、胴元(競艇場主催者)の取り分を除きます。

 

胴元の取り分には細かい取り決めがありますが、概ね25%が胴元の取り分となり、残りの75%が配当金(払戻金)ということになります。

今回の例で言えば、配当金は7,500円ということになりますね。

配当率について

男性教師の解説02

上述した例の数値を参考にして、次は配当率について考えていきましょう。

1号艇~6号艇の配当率は、配当金から艇番の売れた舟券を割ることで算出できます。

号艇 配当率
1号艇 1.5倍
2号艇 2.5倍
3号艇 7.5倍
4号艇 15倍
5号艇 18.75倍
6号艇 75倍

このように見てみると当然のことですが、売れている(人気の)舟券ほど配当率が低くなっています。

最も配当率が低い1号艇を単勝100円勝負した場合は、的中した場合は150円の配当金を受け取ることができ、6号艇を単勝100円勝負した場合には的中すれば7,500円の配当金を受け取ることができるわけですね。

平均配当金

艇国データバンクの場別平均配当一覧を参考にして、「2連単/2連複/3連単/3連複」の平均配当を算出してみました。

なお、対象となる期間は2017年7月1日~2018年6月30日までです。

勝式 平均配当
2連単 ¥1,861
2連複 ¥933
3連単 ¥7,323
3連複 ¥1,247

過去最高配当

競艇ボート11

2018年7月29日時点での過去最高配当額をまとめてみました。

やはり高配当となるケースには、必ずと言っていいほどアウト勢が絡んできていますね。

また、三国競艇場や唐津競艇場がトップ10のうちの2枠を占めている点も注目です。

順位 払戻金 競艇場 勝式/組番
1位 68万2,760円 徳山 3連単
4-5-2
2位 65万610円 三国 3連単
6-3-5
3位 57万9,900円 芦屋 2連単
6-4
4位 53万7,990円 若松 3連単
2-6-5
5位 51万4,810円 蒲郡 3連単
6-2-5
6位 51万1,500円 大村 3連単
6-3-4
7位 50万6,500円 福岡 3連単
5-2-3
8位 49万8,640円 唐津 3連単
6-5-3
9位 48万9,350円 三国 3連単
5-4-6
10位 48万2,930円 唐津 3連単
6-3-1
予想・買い方
kyoteimをフォローする
競艇予想サイトおすすめランキング
競艇新世界

無料会員登録するだけで2万円分のポイントをゲットできる。
ビギナー向けの情報が充実している。

ブルーオーシャン
ブルーオーシャン

無料会員登録するだけで1万円分のポイントをゲットできる。
初心者は元競艇記者Mr.オーシャンの予想コンテンツで競艇の勝ち方を覚えられる。

競艇オニアツ
競艇オニアツ

無料会員登録するだけで1万円分のポイントをゲットできる。
競艇知識ゼロの方や副業で稼ぎたい方におすすめ。

競艇マニア!~レース予想のコツや結果を扱う情報サイト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました