競艇ボートのモーター(エンジン)の見方・選手の整備力も重要?!

モーター01

ここでは、競艇ボートのエンジンであるモーターについて紹介していきます。

モーターは各競艇場ごとに用意されており、選手は常に同じモーターを使っているわけではありません。

競艇場の公式サイトではモーターの戦績などが公開されており、この情報の見方がわかれば舟券予想にも役立つこと間違いなし!

競艇ボートのモーター(エンジン)とは?

競艇ボートのモーターは、全国どこのレース場でも同じメーカー、同じ排気量といった同一規格のものとなっています。

つまり、競艇選手たちは同じスペックのモーターで競争をしているのです。

では、このモーターが一体どんなものなのかを見ていきましょう。

モーターを作っているメーカー

現在の競艇ボートに使用されているモーターは、すべてYamatoというメーカーで作られているものが使われています。

また、ボート本体やペラもYamatoというメーカーによって作られたものが使われているんです。

要するに、レースに使われているボート全体がYamato製ということになりますね。

排気量と馬力

競艇ボートのモーターは、ヤマト331型の出力低減モーターです。

このモーターは水冷2サイクルガソリン機関の縦型直列2気筒エンジンで、排気量は400cc

最大出力は毎分6600回転で31馬力あり、重さは約42kgとなっています。

モーター・ボートの構造

次に説明するのは、モーターとボートの構造について。

モーターはボート後部に位置し、船外に取り付けられています。

モーターの回転運動がギアケースを経て、取り付けられているペラへ伝わって回転します。

この回転力を用いて、ボートが進む仕組みとなっているワケですね。

モーターの番号について

これは各競艇場には60~70機のモーターがあるため、それぞれに番号を振って管理をしています。

モーターには1年間という使用期限があり、交換するたびに新しく番号を割り振っています。

抽選方式が使われている理由

同じスペックのモーターを使うのに、なぜ抽選でモーターを決めているのか気になる方もいるでしょう。

実は、同じものであっても多少のアタリ・ハズレがあるんです。

アタリ・ハズレについては、車やバイクがお好きな方ならきっと体験してることでしょう。

また、新しいモーターなら”慣らし”が必要であったり、古いモーターなら転覆経験があればオーバーホールの履歴があったりするため、1台たりとも同じモーターはないと言えます。

各競技場では、この抽選会にてモーター勝率や成績などのアナウンスを行ったり、勝率の高いモーターを引き当てた選手には拍手が送られるなど、非常に盛り上がる場面があるんですよ。

整備力の重要性

男性教師の解説01

選手たちはレース開催前日、抽選によりその1節で使用するモーターが決まります。

この間にモーターの調子を見ながら、悪いところがあれば部品の交換やメンテナンスなどの整備を、選手自身の力で行っていくんです。

調子のいいモーターを引いたのならいいかもしれませんが、悪いモーターを引いてしまった場合はその選手の整備力がレースの成績へと繋がるため、モーターの整備力はとても重要なものになります。

つまり、競艇選手は運転技術だけでなく、モーターを含めたボートの整備力まで求められるということです。

 

一言で整備と言っても、バラして組み直すメンテナンス作業からパーツの交換など様々で、限られた時間の中で試行錯誤しながら調子を上げていきます。

また、転覆をしてしまうとモーター内部に水が入ってしまうため、モーターを全部バラさなくてはいけません。

そのため、選手はモーターのすべてを理解している必要があるんです。

 

そして、この整備力に関しても選手によって差が出てきます。

うまい選手になると戦績の良くないモーターでも巧みな調整をして、レースでしっかりと結果を残しているんですよ。

モーター勝率と選手勝率

競艇ボート05

モーターの勝率が高いからと言って、実はそのモーターが調子のいいものとは限りません。

なぜなら先ほど書いた通り、そのモーターを整備してレースをするのは選手であり、そのモーターは常に扱う選手の好みに整備されているからです。

だから、どんなに調子のいいモーターを引いたからといって、選手がレースに負ければそのモーターの勝率は下がってしまいます。

 

その逆に、悪いモーターでも選手の手によって調子を上げ、レースに勝つことによって勝率はどんどん上がっていきます。

また、整備によって調子の上がったモーターも、選手との相性から得られる部分も少なくはないので、次節に使う選手にとっていいモーターなのかどうかはまた違ってくるんです。

 

ちなみに、各競艇場HPなどで公開されているモーター勝率の見方は、着順によって得た点数を出走した数で割ることで算出しています。

この計算は選手の勝率の計算と同じものとなっているのですが、常に同じ選手が扱うわけではないことがモーターと選手の勝率に違いある理由です。

簡単に目安としての計算をすると、1着から6着まで1回ずつのモーターの勝率は5.16

これを平均とすると、この数字より高ければ勝率のいいモーター・・・という考え方ができます。

モーター勝率を参考にする注意点

何度も言いますが、モーター勝率はモーターを扱う選手の整備力や操縦技術があっての勝率です。

つまり、モーターの勝率が高いからといって、安易にそのボートが強いという考えは間違っています。

また、部品交換をした後のモーターは調子が悪かった事が伺えますし、新しいモーターだとレース数が少なく信用に欠けます。

 

ただし、たまに優出回数や優勝回数が多く勝率の高い超抜モーターと呼ばれるものがあります。

超抜モーターくらいのレベルになれば、幅広い選手がうまく扱えると考えても良さそうですね。

予想・買い方
kyoteimをフォローする
競艇予想サイトおすすめランキング
競艇新世界

無料会員登録するだけで2万円分のポイントをゲットできる。
ビギナー向けの情報が充実している。

ブルーオーシャン
ブルーオーシャン

無料会員登録するだけで1万円分のポイントをゲットできる。
初心者は元競艇記者Mr.オーシャンの予想コンテンツで競艇の勝ち方を覚えられる。

競艇オニアツ
競艇オニアツ

無料会員登録するだけで1万円分のポイントをゲットできる。
競艇知識ゼロの方や副業で稼ぎたい方におすすめ。

競艇マニア!~レース予想のコツや結果を扱う情報サイト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました