競艇のファンファーレはさだまさしが作曲?!着信音・着うたはある?

競艇ボート12

競艇ではピットアウトの時にファンファーレが流れますが、さだまさしさんが作曲したファンファーレがあることを知っていましたか?

また、さだまさしさん以外の有名作曲家が手がけたファンファーレもあるんです。

ちなみに、競艇のファンファーレは全10曲となっており、レースによって使い分けられています。

さだまさしさん作曲のファンファーレ

まずは、さだまさしさんが作曲したファンファーレについて解説していきますね。

さだまさしさんが作曲したファンファーレは、1991年に「モーターボート競走法40周年記念」の事業として使われるように。

このファンファーレは、SG戦・GⅠ戦・一般競争の優勝戦に使われていたんですよ!

 

しかし、現在ではさだまさしさんが作曲したファンファーレは使われていません。

さだまさしさんが作曲したファンファーレが使われていたのは、1991年6月20日のSG戦「第1回グランドチャンピオン決定戦」から2010年5月までの約19年間

 

残念ながら今の競艇場では聞くことができませんが、非常に長い間使われていたこともあって、昔からの競艇ファンにとっては馴染みのあるファンファーレと言えますね。

現在のファンファーレ

競艇ボート04

2010年6月からは、現在競艇場で聞くことができるファンファーレが使われています。

曲数は全部で10曲となっており、中には女子戦専用のファンファーレもあるんですよ。

この10曲は、以下のレース別に使われています。

  • 一般戦・G3の予選
  • 一般戦・G3の優勝戦
  • G2・G1の予選
  • G2・G1の優勝戦
  • SGの予選
  • SGの優勝戦
  • 新鋭リーグの予選
  • 新鋭リーグの優勝戦
  • 女子リーグの予選
  • 女子リーグの優勝戦

ファンファーレの作曲者

現在のファンファーレの作曲を手掛けているのは延近輝之さん、マツオカヒロタカさん、高橋千佳子さん。

3名の作曲家の方々は、映画音楽やCM曲などの作曲で活躍されています。

 

なお、以前に使われていたファンファーレを手がけていたのはさだまさしさんのほか、城賀イサムさん、佐伯亮さんといった方々です。

ちなみに、城賀イサムさんのファンファーレはSG・G1の一般戦で、佐伯亮さんのファンファーレは一般競争の一般戦で使われていました。

着信音(着メロ)配信サイト

競艇ボート02

競艇のファンファーレの着信音(着メロ)のダウンロードに関してですが、現在は2つのサイトで無料ダウンロードすることができます。

※未対応機種の場合はダウンロードすることができません。

ファンファーレの音源について

競艇のファンファーレの音源は、グッズとして販売されていたサウンドトラックCDに収録されていました。

サウンドトラックは「モーターボート レーサーインストゥルメント」というタイトルで、シリーズとして何作か出ています。

このサウンドトラックには、特定の選手のイメージ曲やファンファーレが収録されていました。

 

しかし、現在は公式での販売やプレゼントはしていないようですね。

オークションサイトで出品されているのを見かけることはあるので、興味があればヤフオクなどで探してみてはいかがでしょうか?

メディア情報
kyoteimをフォローする
競艇予想サイトおすすめランキング
競艇新世界

無料会員登録するだけで2万円分のポイントをゲットできる。
ビギナー向けの情報が充実している。

ブルーオーシャン
ブルーオーシャン

無料会員登録するだけで1万円分のポイントをゲットできる。
初心者は元競艇記者Mr.オーシャンの予想コンテンツで競艇の勝ち方を覚えられる。

競艇オニアツ
競艇オニアツ

無料会員登録するだけで1万円分のポイントをゲットできる。
競艇知識ゼロの方や副業で稼ぎたい方におすすめ。

競艇マニア!~レース予想のコツや結果を扱う情報サイト~

コメント

タイトルとURLをコピーしました